今こそはじめるテレワーク

今こそはじめるテレワーク

近年頻発している自然災害による交通機関のトラブルや、人材不足や働き方の多様化に伴い、
会社に出勤しなくても仕事ができるテレワークが注目され、検討されてきました。
さらに、新型コロナウイルス感染症の拡大による緊急事態宣言の発令により、
急遽テレワーク環境を整える必要がある企業が増加し、早急な検討と導入が各社で進んでいます。
しかしながら、テレワークの導入には、IT環境の整備や就業規則の変更などが欠かせず、コストもかかる、
特に中小企業の場合にはITの専門家がいないという理由から、未だ導入をためらうケースが多いのも現状です。
その一方で導入した企業の8割が導入効果があるとし、
新型コロナの終息後もテレワークの継続を求める従業員が6割を超えるとの調査もあります。
これからの「働き方改革」の流れの中で、テレワークは導入を検討しなければならないテーマのひとつとなっています。

「テレワーク」3つのスタイル

テレワークとは、ICT(情報通信技術)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。テレワークは働く場所によって、
自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、モバイルワーク、施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)の3つ分けられます。

モバイルワーク:移動中の交通機関やカフェなどで就業。営業など外出が多い。職種に最適 | 在宅勤務:通勤にかかる負担を軽減し、交通混雑の緩和にも有効なため、テレワークといえば在宅勤務という印象が強い | サテライトオフィス:遠隔勤務用の施設で就業。自宅や客先近くのシェアオフィスなどを利用することが多い

テレワークの効果

テレワークの効果は多岐にわたりますが、主に下記の7つが挙げられます。

事業継続性の確保(BCP) 非常災害時やパンデミック(感染症流行)時における事業継続
生産性の向上 外出中や移動中などスキマ時間に業務ができる
ワークライフバランスの実現 在宅勤務や残業時間の軽減により、家族と過ごす時間や自己啓発などの時間が増やせる
優秀な人材の確保 育児や介護などで通勤が困難な人でも在宅勤務ができるため、優秀な人材の離職を防げる
オフィスコストの削減 通勤・交通コスト、オフィススペース、ペーパーコストの削減
環境負荷の軽減 通勤減少、オフィスの省電力化による電力消費量、CO2排出量の削減
雇用創出と労働力創造 通勤が困難な障がい者や遠方居住者などの新規雇用の創出

テレワーク支援ソリューション

テレワークを実現するための安心・安全な環境整備、かつ業務効率を向上させることができる、ハイパーおすすめソリューションをご紹介します。

クラウドストレージセキュアなファイル共有

従業員100人未満のオンラインファイル共有市場3年連続シェア1位(2016~2018年)。強固なセキュリティ、徹底した使いやすさと充実機能で業務を効率化。

コストパフォーマンスNo.1!Windowsファイルサーバーと同じ操作感で使用可能。独自技術により業界最速の高速通信で社内サーバと変わらないレスポンス速度を実現。

Web会議会議・コミュニケーション

世界で最も使われている(※)クラウド型Web会議。会議を便利にする様々な機能を搭載し、高解像度の美しい映像で臨場感ある会議を行える。
※ Synergy Research, 2017

音声遅延と音切れを極力回避する独自の機能を搭載。クリアな音声と軽快な動画映像でストレスのないWeb会議を開催。

ビジネスチャットファイル共有コミュニケーション

1対1の会話、任意のメンバーだけを招待したグループチャットまでプロジェクトごとに細かく設定可能。メッセージのやりとりだけでなく、タスク管理やファイル共有、ビデオ通話などが可能。

Microsoft 365のサービスとして提供されるチャットを主体としたコミュニケーションツール。チームや個人間でのチャット、ファイル共有、音声通話やビデオ会議、タスク管理等が可能。

使い慣れたLINEをビジネス品質で!LINEとつながる唯一のビジネスチャット。いつでもどこでも、モバイルやPCからデバイスを選ばず利用可能な「LINE WORKS」なら、ビジネスレベルの効率的で迅速なコミュニケーションを安心安全に実現。社内のコミュニケーションが、よりスムーズに活発に。

Web電話帳コミュニケーション

Web電話帳シェアNo.1!社員・お客様の連絡先を一元管理する電話帳クラウドサービス。スマホ等を利用してOCR読み取りにより名刺情報を簡単に登録でき、全社共有、部署内限定など閲覧範囲の指定も可能。

リモートアクセス業務効率化・セキュリティ

手元の端末にオフィスにあるPCのデスクトップ画面を呼び出して操作するリモートアクセスサービス。自宅でも外出先でもオフィスにいるのと同じように業務を行える。強固な認証による不正アクセスの防止や、ファイル転送防止機能等、高度なセキュリティで安全に利用できる。

セキュリティに配慮した安全なテレワーク環境と、簡単な導入・操作を提供するリモートデスクトップツール。
・国家の重要システムを構築してきた経験豊富なメンバーが開発
・金融機関にも選ばれるセキュリティ強度
・中小企業の皆様にも導入しやすい価格感を実現
・日本初となる個人情報漏えいサイバー保険を標準で装備

MDM(モバイルデバイス管理)端末管理・セキュリティ

スマホ・タブレット・PCをクラウドで一元管理するスマートデバイス管理ツール。万が一の紛失時にはリモートロックやワイプで対応。位置情報やデバイス操作ログも自動で取得するため、テレワークにおける労務管理としても活用できる。

企業や教育現場で活用するスマートデバイスを管理者に負担をかけず効率的、且つ安心・安全に管理運用することができる。活用シーンに合わせた柔軟な設定が可能。

基幹業務システムクラウド型基幹システム

サービス開始から10年以上、16,000法人を超える導入実績。自社サーバー不要でインターネット経由で基幹業務ソフトを手軽に利用できる。

奉行シリーズが完全クラウドモデルで新登場!世界トップレベルのセキュリティを実現。専門家ライセンスが1ライセンス分無償で提供される点も魅力。

勤怠管理・経費精算・ワークフロー勤怠管理・経費精算・ワークフロー

人事・労務・総務担当者向けのバックオフィス業務を効率化するクラウドサービス。「ジョブカン勤怠管理」を始め、経費精算・ワークフロー・採用管理・労務管理・給与計算の全6サービスを展開。働き方改革関連法にも完全対応し、分かりやすいUIで操作方法も簡単。

企業規模を選ばない幅広い導入実績のある、「経費精算」「ワークフロー」「就業管理」の高機能クラウドパッケージ。社内の申請承認業務を「MAJOR FLOW Z CLOUD」に集約することで、紙と場所に縛られないスマートなテレワークを実現することが可能。さらに汎用性が高く機能拡張性の高い「MAJOR FLOW Z CLOUD」は、管理者目線でもスマートなシステム運用を実現可能。

ページトップへ