スマホ内線化で業務効率改善・通信費削減

AspireWX/AXモバイルリンク・どこでも内線

スマートフォンを内線電話として利用することで、社内外でビジネスフォンの便利な機能が利用できます。
外出や離席を気にすることなく、いつでも相手に直接連絡できるので取り次ぎの手間が軽減でき、
迅速な社内コミュニケーションが可能になります。

また、携帯と固定電話の通信キャリアを同一にすれば、スマートフォンと事務所の固定電話間で通話が無料。
スマホ内線化が業務効率改善・通信費削減に貢献します。

スマホ内線化とは

スマートフォンを会社の電話として利用でき、内線通話や取次、会社番号発信などが外出中などでも行えるようになる機能です。
一般的なスマホ内線化は以下のような機能が利用できます。

  • 内線通話

    社員間・拠点間の通話が内線通話(無料)として可能になります。

  • 取次が自由自在

    事務所にある固定電話と同様の機能が利用できるため、保留転送やパーク保留での運用が可能で、取次の工数を削減できます。

  • 会社番号での発着信が可能

    スマホから外出先でも会社番号での発信が可能です。またボイスワープなどの転送サービスを利用せずに、無料で会社の電話をスマホで受けることができます。

最適な内線化の方法を選ぶ

AXモバイルリンク(携帯音声網を利用した内線化)とは

AXモバイルリンクの概要

  • ・外出先でも内線番号で通話をすることができます。
  • ・事務所経由で外線発信できるので、通信コスト削減に貢献します。
  • ・お客様へ携帯電話番号を案内する必要がありません。

携帯電話をビジネスフォンの内線電話機として利用

  • ・携帯電話をビジネス電話機として内線番号で運用できます。
  • ・保留・転送・特番などのビジネスフォン機能を携帯電話で利用できます。
  • ・取次工数の削減と通信コストの削減に貢献します。

AXモバイルリンクを使うために必要なサービス

AXモバイルリンクは、KDDIの「ビジネス通話定額」やソフトバンクの「ホワイトライン24」といった、携帯電話から事務所宛の通話が定額となるサービスを利用することで、機能を最大限活用することができます。

通話コストの削減

外出先から発信する際も事務所の回線から発信できるので、キャリアの提供する携帯-固定間の定額サービスを利用することで、携帯電話にかかる通話コストを削減できます。

AXモバイルリンクをスマートフォンで利用

SmartFMC

SmartFMCは、UNIVERGE Aspire のAXモバイルリンクを利用したスマートフォン内線化アプリケーションです。

  • ・社内でも、外出中でも、スマートフォンを内線端末として利用できます。
  • ・スマートフォンの通話料金コストを削減できます。
  • ・SmartFMCを利用することで、AXモバイルリンク機能をより簡単に利用することができます。

ダイヤル発信

相手の番号(内線、外線)をダイヤルするだけで、事務所(PBX)経由の発信が可能です。

  • ・直接担当者の内線を呼び出すことができるので、取次ぎ工数を削減できます。
  • ・内線電話機が不在の場合でも内線番号が履歴に残り、内線番号で直接折り返しが可能です。

※スマートフォンに残る着信履歴は事務所の番号が残ります。

コマンド(機能利用)

AXモバイルリンクの大きな特徴である交換機機能利用を、タッチパネルの選択式で利用できます。

  • ・何度も続けて連絡とりたい場合や業務でよく使う宛先へ即時にダイヤルが可能です。

発信履歴/お気に入り

よくかける宛先をお気に入りに登録できます。また、発信履歴にも名前が残ります。

  • ・お客様が使う機能のみを選択して運用することが可能です。
  • ・従来交換機機能は複雑なダイヤル番号を覚えて利用するものでしたが、簡単に利用可能です。

クラウドサービスを利用した内線化(UNIVERGE どこでも内線サービス)とは

UNIVERGE どこでも内線サービス

NECが提供するクラウドサービス「UNIVERGE どこでも内線サービス」はスマートフォンアプリケーションを使ってインターネット経由(LTE/3G/Wi-Fi)で内線通話を可能とします。

  • ・外出先でも取り次ぎ不要で内線端末として運用でき、モバイルワークの利便性が向上します。
  • ・保留、転送、ピックアップなどの内線機能を利用できます。
  • ・パケット通信での通話により、通話コストを削減が可能です。

※社内の無線LANによる内線接続は推奨しておりません。
本サービスはインターネットを利用するため、音声品質を保証することができません。
LTE/3G、Wi-Fiの電波状態、およびインターネットの混雑状況により音声品質、発着信・通話に影響が出る場合があります。

スマートフォンアプリケーション

Androidに対応するST465、iOSに対応するST450を使って、UNIVERGE どこでも内線を利用します。 優れたインターフェースで、保留・転送・コールピックアップなどの内線機能を利用できます。
また、オプションでセンター管理の電話帳機能(電話機アプリ)を追加することができます。2種類のアドレス帳があり、利用シーンによって使い分けすることができます。番号が端末に残らないので、セキュリティ面でも安心です。

  • ・アプリをダウンロードするだけで、利用できます 。
  • ・シンプルな操作なので、
    どなたでもすぐに使いこなすことが可能です。

サービスメニュー

どこでも内線サービスの課金体系には、「ID単位(登録内線数)」または「ch単位(同時接続数)」があります。

  • IP電話機ポートライセンス/ST接続ライセンスを含むため、初期費用を抑えることが可能
  • 同時通話数を制限できない
  • 内線数が多い(概ね150台以上)場合、割高となる
  • ch数の指定が可能なためネットワーク設計がしやすい
  • IP電話機ポートライセンス/ST接続ライセンスが個別に手配必要
  • 内線数が少ない(概ね150台未満)場合、割高となる

「AXモバイルリンク」と「どこでも内線」の比較

運用・費用面での比較

AXモバイルリンク どこでも内線サービス
音声品質 良い
電話回線を使用するので、良いです。
保障されていない
インターネット経由での通話となるため、音声品質を保証するものではありません。
導入時 回線を増やす必要あり
回線を増やす必要があるためコストがかかります。
回線を増やす必要なし
クラウドのサービスなので、回線を増やす必要がなく、低コストで導入できます。
費用 一括で購入
導入時に購入し、運用していくので、一括支払いとなります。
月々のサービス購入
月々のサービスとして利用するため、月々の支払いとなります。

機能比較

AXモバイルリンク どこでも内線サービス
VOIPDBユニット 必須ではない 必須
利用端末 携帯電話、PHS、スマートフォンなど スマートフォン
アプリケーション SmartFMC ※必須ではない ST465,ST450
操作性 アナログ一般電話機相当 標準SIP相当
機能 アナログ一般電話機相当 標準SIP相当
ライセンス 【ポートライセンス】
AXモバイルリンクポートライセンス
【ポートライセンス】IP電話機ポートライセンス
【機能ライセンス】ST接続ライセンス
セキュリティ 公衆回線(ISDN/IP回線) IP-Sec VPN
着信時の発信者情報表示 契約番号のみ 可能
必須外部機器・サービス 利用回線に依存 ・ルータ
・インターネット契約
・どこでも内線サービス
スマホ内線化の導入は ぜひハイパーへご相談ください。

スマホ内線化サービスをどのように組み合わせ、どのように活用するか、
お客様のニーズに応じて、計画から導入までをトータルに支援いたします。
お気軽にご相談ください。

ページトップへ