Office 365

Office 365 はビジネスの生産性向上を支援します!

「Office 365」 とは、マイクロソフト社が提供するクラウドサービスです。
使い慣れた Office アプリケーション(Excel、Word、PowerPoint等)に加え、メールやスケジュール管理、
ファイル共有、Web会議システム等のグループウェア機能をクラウドで利用することができます。

Office 365 とは・・・

Office 365 は Office ライセンスの後継・・・ではありません。
Office 365 は、主に4つのサービスで構成されています。

「Office」と「Office 365」との違いは?

「Office」と「Office 365」の違いは大きく3つあります。

❶ Office 365 に含まれる Office アプリケーションがクラウド版である
・・・とはいっても基本的には従来通り、PCにインストールして使用することが可能です。これに加えてプログラムの問題修正や最新機能の追加などがインターネット経由で自動的に配信され、常に最新バージョンで利用することができます。また、Office 365 はソフトウェアを買い取るのではなく、契約期間に応じて課金されるサブスクリプション方式であるため、ユーザー数の増減にも対応可能です。
❷ メールやスケジュール管理、大容量のオンラインストレージなどのグループウェア機能が、セットで提供されている
Office 365 では、企業向けのオンラインストレージ「OneDrive for Business」が標準提供されています。また、Exchange Online が含まれたプランを導入すれば、メールやスケジュール管理(予定表)等のグループウェア機能も利用可能です。
❸ マルチデバイス対応!PCだけでなく、スマートフォンやタブレットからもアクセスできる
ボリュームライセンス版の Office 2016 や Office 2013 の場合は、利用可能なデバイスは2デバイスまでで、Windows PCのみに限定されますが、Office 365 の場合は、Windowsだけでなく、Mac OSにも対応しています。また、スマートフォンやタブレット(iOS、Android)での利用も可能です。1ライセンスで最大15台まで利用できることが、Office 365 の大きな特徴です。

Office 365 はこんな悩みを解決します!

初期コストの悩み

Office ソフトウェアの買い替えは、かなりの初期コストがかかる・・・
初期コストを抑えて、毎年の予算を平準化できたらいいのに・・・
Office 365 は初期コストを最低限に抑えることができ、サブスクリプション方式ですので、月単位または年単位のお支払いで利用できます。
月額利用の場合には、ユーザーの増減によるアカウント数の変動にも無駄なく対応できます。
また、インストールが簡単でバージョンアップも自動なので、管理負担も軽減できます。

バージョン管理・ライセンス管理の悩み

社員が増えるごとにライセンスを追加してきたけど、導入時期やバージョンがバラバラで、社内外とのExcelファイルのやりとりなどが不便。
またプロダクトキーやライセンスの管理も面倒!
ライセンス情報はWeb上の管理センターで管理者が一括管理。また、常に最新版が自動配信されるので、バージョンのバラつきも生じません。1台ずつに異なるプロダクトキーを紐づけて管理する必要もありません。

マルチデバイスの悩み

最近は複数のデバイスやMac OSでも使いたいという社員も・・・でもデバイスごとにライセンスを購入すると、コストが2倍、3倍になってしまう。
自宅PCの Office もコストをかけずに導入したい。
Office 365 のライセンスは、デバイス単位ではなくユーザー単位で提供されます。
1ライセンスで使えるデバイス数は最大15台。
Windows PC、Mac OS、iPad、iPhone、Android、さらに自宅のPCで使っても、1ライセンス分のコストでOKです。

データ保存場所の悩み

作成したファイルや入手した動画・画像などをPC上に保存しており、PCの容量を圧迫。すぐに動作が重くなってしまう。どこかに大容量の保存場所があればいいのに・・・
オンラインストレージ「OneDrive for Business」を標準で提供。容量は1ユーザーあたり、1TBもあります。
これなら大容量ファイルをどんどん保存しても、そう簡単にはいっぱいになりません。
※容量は今後、無制限化を予定しています。

ファイル アクセスの悩み

社内で作成・保存したファイルは社外からアクセスできない。
どこからでもアクセスできれば、移動中や外出先での時間を有効活用でき、業務の生産性が上がるのに・・・
社内で作成したファイルを OneDrive for Business に保存しておけば、社外や自宅からアクセス可能。
それぞれの場所から最適なデバイスを利用して、クラウド上に保存されたファイルを利用しての作業が可能になります。

サポートの悩み

Office アプリケーションを使用する際、困ったことが起きてもどうしたらいいのかわからない・・・
メーカーに気軽に問い合わせができるサポートが受けられればいいのになぁ・・・
Office 365 には、ボリュームライセンス版/プレインストール版/パッケージ版 Office よりもはるかに充実したサポートが提供されています。
まずWeb画面から簡単に送れる問い合わせに、専門家が短時間で返答。営業時間内(9時~17時)には電話によるお問い合わせにも対応しています。
これらのサポートは何回でも利用可能。
また、コミュニティフォーラムや各種ツールも用意されており、必要な情報が入手しやすい環境を整えています。
※プランによってサポート内容に若干の違いがあります。

Office 365 のプラン

for Business プラン for Enterprise プラン
Office 365 Business
Office 365 Business Essentials
Office 365 Business Premium
Office 365 ProPlus
Office 365 Enterprise E1
Office 365 Enterprise E3
Office 365 Enterprise E5

Office 365 には数多くのプランがあります。
右記が一般法人向けのSuite製品ですが、それ以外にも各アプリケーションの単体プランもあります。
また、教育機関向けにも別プランがあります。取り扱いしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

Office 365 プラン選定の目安

最大利用人数が300名以下 Office 365 for Business プラン
最大利用人数が300名以上 Office 365 for Enterprise プラン
メールとスケジュール管理機能を中心に選択すると・・・
300名以下の場合
メールとスケジュール共有機能が必要(Exchange Online)が必要
Office 365 Business Premium
Office 365 Business Essentials
¥1,360 ユーザー/月相当
¥ 540 ユーザー/月相当
上記の機能が不要
Office 365 Business
¥ 900 ユーザー/月相当
メールとスケジュール共有機能(Exchange Online)かつ Office アプリケーション(Word、Excel等)が必要
Office 365 Business Premium
¥1,360 ユーザー/月相当
300名以上の場合
メールとスケジュール共有機能が必要(Exchange Online)が必要
Office 365 Enterprise E1
Office 365 Enterprise E3
Office 365 Enterprise E5
¥ 870 ユーザー/月相当
¥2,180 ユーザー/月相当
¥3,810 ユーザー/月相当
上記の機能が不要
Office 365 ProPlus
¥1,310 ユーザー/月相当
メールとスケジュール共有機能(Exchange Online)かつ Office アプリケーション(Word、Excel等)が必要
Office 365 Enterprise E3
Office 365 Enterprise E5
¥2,180 ユーザー/月相当
¥3,810 ユーザー/月相当
より強固なセキュリティや、分析機能・音声通信が必要
Office 365 Enterprise E5
¥3,810 ユーザー/月相当

※Office 365 Enterprise E1~E5は、含まれるアプリケーションやサービスが異なります。詳しくはこちらをご覧ください。

※300名以下の企業でもEnterpriseファミリーの購入は可能です。

OneDrive for Business の特長

「OneDrive for Business」と、個人向け「OneDrive」の違い

OneDrive for Business と OneDrive は名前は同じですが、サービスとしては別物です。
OneDrive for Business は、企業向けに設計されたオンラインストレージで、企業の従業員が業務に必要なファイルの保存場所として利用する用途を想定しているため、1ユーザーあたり使用できる容量は1TBと大容量です。(個人向けの場合は無料で5GBまで)

決定的な違いは OneDrive for Business では管理者機能が付いていること。
オンラインストレージを各ユーザーが好き勝手に利用できるようでは、情報漏えいのリスクが高まりますが、OneDrive for Business なら管理者がユーザーにどのように利用させるかというポリシーを設定でき、各ユーザーの利用範囲や機能を限定することが可能です。

また、OneDrive for Business は、個人向けの OneDrive と比較し多くの付帯機能、セキュリティ機能が施されています。
 ● データ転送中・保存中の暗号化
 ● 99.9%の稼働率を補償するサービスレベル契約(SLA)が付帯
 ● すべてのファイルでバージョン管理機能を備えている(個人向けは Office ファイルのみに限定)
等が OneDrive for Business ならではの特徴です。

社外関係者とのファイルの受け渡しに使える

社内だけではなく、お客様や取引先様等の社外関係者とのファイルの受け渡しも、 OneDrive for Business の共有機能で実現可能です。
ファイル単位で共有する場合、リンク用URLを作成し、相手にそのURLを知らせてアクセスしてもらうだけです。その際、「表示のみ」か「編集可能」か、また「組織内のアカウントが必要」「Microsoftアカウントが必要」「サインイン必要なし」などを選ぶことができます。
フォルダ単位で共有する場合は、相手に招待メールを送信し、そのメール内のリンクから共有したフォルダにアクセスしてもらいます。その際は、相手のサインインが必須となります。

大容量ファイルの受け渡しで、各社員が無料のファイル共有サービスを利用しているケースも多くあるかと思いますが、 OneDrive for Business の共有機能を使用すれば、会社の管理下で安全なファイル共有が可能となり、情報漏えいリスクの軽減にもつながります。

office365の導入は、ハイパーへご相談ください。

Office 365 ライセンス購入だけでなく、プラン選定のアドバイスやメールサーバー移行作業まで、
お客様のニーズに応じて、計画から導入までトータルに支援いたします。
Office 365 についてご興味ございましたら、お気軽にご相談ください。

ページトップへ